センスの塊だった!アンファニー・”ペニー”・ハーダウェイ

NBAファン多くの支持を得たプレイヤーの1人。「アンファニー・ハーダウェイ」選手。『ペニー』の愛称で愛されたプレイヤーですね。このペニーの呼び名は祖母が可愛いからと「puitty」とよんだそうです。この呼び名が『ペニー』と聞こえたため、このペニーが後のあだ名になったそうです。ちなみに、日本バスケの火付け役となった『漫画スラムダンク』に出てくる、山王工業の沢北はこのペニーがモデルになっているそうです。

アンファニー・”ペニー”・ハーダウェイは1993年のNBAドラフト、当時1順目1位の指名権を持っていたのはオーランド・マジック。マジックは1順目1位で「クリス・ウェバー」を指名。1順目3位の指名権を持っていたゴールデンステート・ウォリアーズはアンファニー・ハーダウェイを指名しました。そして両者はドラフト当日中にトレードされ、ペニーはオーランド・マジックに入団します。

ちなみにこの年は「アンファニー・ハーダウェイ」「クリス・ウェバー」の他にも「ジャマール・マッシュバーン」や「ビン・ベイカー」「アラン・ヒューストン」「サム・キャセール」などがドラフトに登場。さらに、ドラフト外の選手として「ブルース・ボーウェン」や「ボー・アウトロー」などもいました。

さて、話を戻しますがドラフト当日にウェバーとトレードされ、オーランドに入団したペニーですが、オーランドの地元ファンはウェバーの入団を希望していたそうで、入団したばかりのペニーには少し冷たかったみたいです。

ただ、オールルーキーファーストチームにも選ばれ、前年の1順目1位指名で入団した『シャキール・オニール』とのコンビで徐々に人気を定着していきます。

翌シーズンからは先発ポイントガードに定着したペニー。長身ポイントガードで当時は「マジック2世」なんて呼ばれることもありましたね。ペニーはこのシーズンから『オールNBAファーストチーム』にも選手され、オールスターでも4年連続で先発選出にも選ばれます。オーランドからも絶大な人気を誇りましたが、リーグを代表するスーパースターになる年でもありましたね。

ちなみにこの94年はマイケル・ジョーダンが現役復帰をした年でもありました。プレイオフ2回戦で両チームは対戦をしますが、ペニー&シャックのオーランドが勝利を収めます。このシリーズで最も記憶に残っているのが「フリースロー」です。第なん戦かは覚えてないんですが…確か「ニック・アンダーソン」が連続でフリースローを獲得したんですよね。ただ4本くらい連続で外します。その後のオフェンスでもすぐにフリースロー2本を獲得して、めちゃくちゃ喜ぶんですが、これを「シャック」と「ホーレス・グランド」が少し怒り気味にニック・アンダーソンを宥めるシーンが印象的でした。今考えると、耳元でかなり怒られていたのかな。

ちなみに「ホーレス・グランド」はマイケル・ジョーダンが引退する前のシカゴ・ブルズで一緒にプレーをしていた元同僚です。なんだか不思議な因縁を感じますね。

この94年にブルズを倒し、NBAファイナルに駒を進めます。チーム創設6年。若手中心のメンバー構成としては快挙ですね。ただ、ファイナルではやっぱり経験に差が出たのか「アキーム・オラジュワン」を中心とする「ヒューストン・ロケッツ」に4連敗をしてチャンピョンリングを獲得することはできませんでした。

翌シーズンはシャックが怪我をして欠場が続きましたが、ペニーを中心としたチームは勝率も絶好調。ペニー自身も2年連続で『オールNBAファーストチーム』にも選手され、リーグトップの60勝22敗でプレイオフに進みますが、シカゴ・ブルズに敗退。このシリーズを最後にシャックがレイカーズにトレードされチームを去ります。

ここからペニー自身も怪我との戦いで苦しい時期を迎えます。試合に出てもなかなか従来のプレーをできないペニーにホームのファンはブーイングを浴びせます。98-99シーズンはチームもペニーから「ダレル・アームストロング」や「ボー・アウトロー」などを中心としたスモールラインナップを採用し、ペニーの出場時間は減少。ここでトレードを志願し、念願のフェニックス・サンズにトレードされます。

当時のサンズは「ジェイソン・キッド」が先発ポイントガードを務めていたので、ペニーは得意のシューティングガードでプレーをします。当時はこのコンビを「バックコート2000」と呼び相当期待しましたね。ただ、ここでも怪我になき思ったようなプレーがなかなかできません。ここから出場時間もどんどん減り移籍を繰り返します。「サンズ」⇒「ニックス」⇒「マジック」⇒「ヒート」と渡りあるき、2007年8月に「ヒート」を解雇され現役を引退します。そして2017年、正式にオーランド・マジックの殿堂入りを果たしています。

非常に短い選手生命に感じますが、ペニーのプレースタイルは本当にかっこよかったなぁ。中学生の頃はペニー着用バッシュが大人気だったのも覚えています。

最新情報をチェックしよう!