1995年のNBAドラフト順位

確かこの辺りの年からNBAを観戦し始めたかと思います。
昔は選手の名前もよくわからず、ぽかぁ~んとしながら兄弟2人でよく観戦したものです。
そして時は流れ、今回は1995年のNBAドラフトランキングを公開しておきます。
あらためて見直してみると、これが結構おもしろいんですよね。
ビッグプレイヤーの名前もちらほらいるので、要チェックです!

    1位ジョー・スミス
    (ゴールデンステイト・ウォリアーズ)

    2位アントニオ・マクダイス
    (ロサンゼルス・クリッパーズ)

    3位ジェリー・スタックハウス
    (フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)

    4位ラシード・ウォーレス
    (ワシントン・ブレッツ)

    5位ケビン・ガーネット
    (ミネソタ・ティンバーウルブス)

    6位ブライアント・リーブス
    (バンクーバー・グリズリーズ)

    7位デイモン・スタウダマイアー
    (トロント・ラプターズ)

    8位ショーン・レスパート
    (ポートランド・トレイルブレイザーズ)

    9位エド・オバノン
    (ニュージャージー・ネッツ)

    10位カート・トーマス
    (マイアミ・ヒート)

    11位ゲイリー・トレント
    (ミルウォーキー・バックス)

    12位チェロキーパークス
    (ダラス・マーベリックス)

    13位コーリス・ウィリアムソン
    (サクラメント・キングス)

    14位エリック・ウィリアムズ
    (ボストン・スルティックス)

    15位ブレント・バリー
    (デンバー・ナゲッツ)

    16位アラン・ヘンダーソン
    (アトランタ・ホークス)

    17位ボブ・スーラー
    (クリーブランド・キャバリアーズ)

    18位テオ・ラトリフ
    (デトロイト・ピストンズ)

    19位ランドル・チルドレス
    (デトロイト・ピストンズ)

    20位ジェイソン・カフィ
    (シカゴ・ブルズ)

    21位マイケル・フィンリー
    (フェニックス・サンズ)

    22位ジョージ・ジデク
    (シャーロット・ホーネッツ)

    23位トラヴィス・ベスト
    (インディアナ・ペイサーズ)

    24位ローレン・メイヤー
    (ダラス・マーベリックス)

    25位デイヴィット・ヴォーン
    (オーランド・マジック)

    26位シェレル・フォード
    (シアトル・スーパーソニックス)

    27位マリオ・ベネット
    (フェニックス・サンズ)

    28位グレッグ・オスタータグ
    (ユタ・ジャズ)

    29位コリー・アレクサンダー
    (サンアトニオ・スパーズ・スパーズ)

この年から【バンクーバー・グリズリーズ】と【トロント・ラプターズ】の2チームが加わり、NBAは全部で29チームになりました。ちなみにバンクバー・グリズリーズは、現在メンフィス・グリズリーズですね。ちょっと興味のある話は、7位指名権を持っていたトロント・ラプターズのファンは地元のエド・オバノンを指名すると期待をしていたそうです。ただトロント・ラプターズはデイモン・スタウダマイアーを指名。地元ファンは非常に落胆をしたと言われていますが、なんとこの年のルーキーMVPに輝いたのがデイモン・スタウダマイアーでした。逆にエド・オバノンは期待外れで、早々にキャリアを終了したそうです。


この1995年組みで1番の注目は1順目5位指名のケビン・ガーネットでしょうね。ちなみにガーネットを指名したのは、ボストン・セルティックスで黄金期を築いた、ケビン・マクヘイル氏がドラフトしたそうです。この頃から高卒ルーキー(後のコービーやレブロンなど)が流行り始めた年ですね。

そして、歴代の1順目1位指名の中でもあまり『パッ』としなかったのが、ジョー・スミス。一応オールルーキーファーストチームには選出されています。後に1順目3位指名のジェリー・スタックハウスと一緒にフィラデルフィア・セブンティンシクサーズへ。さらにはケビン・ガーネットと一緒にミネソタ・ティンバーウルブスでも一緒にプレーをすることになります。

そしてこの年は最高のフォワードが多く出た年でもありますね。

    アントニオ・マクダイス (1巡目2位)
    ラシード・ウォーレス (1巡目4位)
    ケビン・ガーネット (1巡目5位)
    ブレント・バリー (1巡目6位)
    カート・トーマス (1巡目10位)
    テオ・ラトリフ (1巡目18位)
    マイケル・フィンリー (1巡目21位)

なんと、上記7選手は全員チャンピョンリングを持っているのも驚きです。


ちなみに、1順目6位指名の「ブレント・バリー」ですが、父親が殿堂入りも果たしている「リック・バリー」です。ブレント・バリーの兄「ジョン・バリー」も同じくNBA選手で、本当のサラブレット一家ですね。ブレント・バリーは白人の選手でしたら、卓越した跳躍力を生かし1996年のNBAオールスター・スラムダンクコンテストで優勝しています。スラムダンクコンテスト史上初の、白人プレイヤーの優勝選手にもなっています。


また、殿堂入りも果たしている父親のリック・バリーですが、アンダースローと呼ばれる独特のフリースローが特徴でしたね。下から投げるアンダースローですが、その成功率は高確率でもあり、フリースローに関する様々な記録と記憶を残した選手です。大人気のバスケット漫画として知られる「スラムダンク」で、主人公の桜木花道が下から投げる「フリースロー」をNBAで実際に行っていた選手ですね。

そして驚きなのが1順目21位のマイケル・フィンリー。ダラス・マーベリックスやサンアントニオ・スパーズで大活躍して超名プレイヤー。個人的にはマイケル・ジョーダンの得意技でもあるフェイダウェイシュートが1番綺麗に打てる選手として記憶しています!シカゴ近郊出身でもあり、フィンリー自身もマイケル・ジョーダンの熱狂的ファンだったそうです。高校生の時にイベントでジョーダンと1on1の試合をしたことがるとか。

そしてこの年にドラフトはされていませんが、NBAの人気を一気に高めたアレン・アイバーソンの女房役として活躍した
【エリック・スノウ】はこの年の2順目43位で指名されています。きっとすっげぇ~努力をしたんでしょうね。

最新情報をチェックしよう!