CATEGORY

NBA コラム

  • 2019年9月11日
  • 2020年6月14日

ミスタートリプルダブルと呼ばれたジェイソン・キッド

ジェイソン・キッド、、、名前からしてスター性抜群の上、顔もかっこいい。 オークランド出身でプレーグラウンドには名ポイントガードのゲイリー・ペイトンもいてきっと彼らのOne on Oneで当時のプレーグラウンドは相当湧いた筈だ。94年に1巡目2位でNBA入り、新人王獲得、アシスト王5回、NBA優勝1回 […]

  • 2019年7月21日
  • 2020年6月14日

チャールズ・バークレー Charles Barkley

チャールズ・バークレー (Charles Barkley) NBAを世界的にメージャーに押し上げたのはバルセロナオリンピックでのドリームチームではないだろうか?そのチームは当時のNBAを代表する選手が多数いて、マジック、バード、ジョーダン、ユーイング等錚々たるメンバーがオリンピックに参加していて、と […]

  • 2019年7月18日
  • 2020年6月15日

NBA史上最も小さな得点王 アレン・アイバーソン

【アイバーソンの名言】“俺はサイズでプレイしてるんじゃない。ただハートでプレイしてるんだ。自分がリーグで一番デカいハートを持ってると思ってる。ハートでプレイすること。それでほとんど乗り越えてきた” ルーキー時のアイバーソンを初めてテレビで見たとき、他の選手と比べ身体はとても小 […]

  • 2018年8月5日
  • 2021年9月21日

【NBA】2000年代 ロサンゼルス・レイカーズ 黄金期の幕開け

NBA 2000年代 マイケル・ジョーダンの引退と共にブルズ王朝も終焉を迎え、新たなる時代の到来となったNBA 2000年代。若手の台頭と彼らが繰り広げる群雄割拠の戦国時代と2000年代はこんなキャッチフレーズがよく出回った。 しかし蓋を開ければ2000年代NBAチャンピオンに輝いたのは… ロサンゼ […]

  • 2018年7月28日
  • 2020年6月15日

1998年のNBAドラフト順位

NBAの歴史を紐解く過去のドラフトランキング!! 今回は1998-1999年のNBAドラフト順位を振り返っていきたいと思います。 実はこの年は「NBAロックアウト」が行われた年でもあります。この年のロックアウトは84試合のシーズンゲームを行わず、50試合の短縮シーズンとなりました。 ちなみに「ロック […]

  • 2018年5月18日
  • 2020年6月15日

1997年のNBAドラフト順位

NBAの歴史を紐解きます! 今回は、1997-1998のNBAドラフト順位を振り返っていきたいと思います。 後に「ラストシーズン」と呼ばれ、ラストショット共に神様『マイケル・ジョーダン』が引退した1997-1998のNBAに入団してきたのがなんといってもティム・ダンカンですね。サンアントニオ・スパー […]

  • 2018年4月10日
  • 2021年9月21日

【NBA】90年代 ジョーダン率いるブルズ王朝の到来とレイカーズ黄金期の再来

NBA 1990年代 マジック&バードが活躍した80年代が終わり、90年代はブルズ王朝到来の時代である。 名勝負、乱闘とまさにNBAの醍醐味がギュっと詰まっている年代で、1992年開催のバルセロナオリンピックで誕生した初代ドリームチームが活躍し、NBA人気がアメリカ国内から世界に羽ばたいた10年でも […]

  • 2018年1月14日
  • 2021年8月27日

1995年のNBAドラフト順位

確かこの辺りの年からNBAを観戦し始めたかと思います。 昔は選手の名前もよくわからず、ぽかぁ~んとしながら兄弟2人でよく観戦したものです。 そして時は流れ、今回は1995年のNBAドラフトランキングを公開しておきます。 あらためて見直してみると、これが結構おもしろいんですよね。 ビッグプレイヤーの名 […]

  • 2017年11月27日
  • 2020年6月15日

1996年のNBAドラフト順位

NBAの歴史を紐解きます!! 今回は1996年のNBAドラフト順位は1984年(マイケル・ジョーダンやハキーム・オラジュワンなど)を凌ぐ過去最高の豊作年と言われている黄金期ですね。この年にドラフトされた選手を見てNBAを知り、NBAファンになった人も多いことでしょう。何はともあれ、そのドラフト順位を […]

  • 2017年11月25日
  • 2021年9月12日

センスの塊だった!アンファニー・”ペニー”・ハーダウェイ

NBAファン多くの支持を得たプレイヤーの1人。「アンファニー・ハーダウェイ」。『ペニー』の愛称で愛されたプレイヤーですね。このペニーの呼び名は祖母が可愛いからと「puitty」とよんだそうです。この呼び名が『ペニー』と聞こえたため、このペニーが後のあだ名になったそうです。ちなみに、日本バスケの火付け […]